FC2ブログ
英語専門個人塾で約20年間多くの学生達を指導してきて思う色々なこと
Genetic Test
高校2年生のクラスで 某大学の入試過去問題を解きました。 
内容は遺伝子テスト。 
アメリカでは遺伝子テストの結果、ある病気にかかりやすいと分かると、
解雇の可能性があるとか・・・・・。
その病気になる可能性がたったの20%であったとしても、
企業側は発症した場合の医療費負担を考え、
解雇することがあるというのだ。
まして採用の際にはそのような可能性のある人は避けるわけだ。
遺伝子差別が生じていると、筆者は述べている。   
もし将来、遺伝子からやる気やスタミナなどが判断できれば、
雇用者は関心を示すかもしれないとも書いてある。 
真実かどうか定かではないが、現在のアメリカの医療保険問題を思うと、
私には興味深い内容だった。

この問題を解き終えた後に、つい医療保険の話をしてしまった。 
日本は国民皆保険だが、アメリカでは企業保険等任意であること。
就職の際にはどの医療保険に加入できるのか重要な問題であって、
会社を辞めたとたんに医療費が払えなくなる人も多くいることなど。
救急車に乗ったとたん聞かれるのは「何処の医療保険ですか。」 
その保険によって連れて行かれる病院が違う・・・・・・こともあるとか。 
「今オバマ大統領が変えようとしているのが、この点よ。」 あららら??
入試長文として勉強するより、ずっと興味深そう!

入試の長文も結構楽しい内容のものが多いのですよ!
もっと内容を楽しんでみたらどうでしょう。 
成績が伸びるかもしれませんよ! 
 
英語塾RISE 塾長