FC2ブログ
英語専門個人塾で約20年間多くの学生達を指導してきて思う色々なこと
新しい Writing ・ Speaking の流れ
英検3級以上に付加された英作文は自分の意見を書く形式となっています。 英検2級の英作に関して前回のブログで既に書きましたが80字~100字で自分の主張を述べるものでした。 一方、TEAP の英作は与えられた長文を読み、それを70字の英語で要約する問題と、英文を読み、200字でその内容を要約し其の上で自分の意見を述べる問題です。 いずれの英作も親世代の日本語を英語に転換する英作とは大きく異なることはお分かり頂けると思います。 採点方法も単に文法・表現の間違いを減点で採点する過去のものと異なり、意見を明確に論理展開できているかなどが主に問われることとなります。

又、Speakingに関しては、英検の場合与えられた絵を解説するなどの面談が主ですが、TEAPになると問題4題あり面談時間が10分もあります。 1つの問題では"There should be more security cameras in public places." Do you agree with this statement? Why or not?  (公共の場に監視カメラをもっと設置すべきである。 という意見にあなたは賛成しますかしませんか。 またなぜですか?) と英語で聞かれ、30秒考えた後に1分で意見を述べねばなりません。 更に "Should advertising for tobacco and alcohol products be banned?" (タバコや酒製品の広告は禁止さえるべきですか?)  と英語で聞かれ自分の意見を述べる試験内容もあります。 英検・TEAP共にディベイトができる学生を求めていることがよくわかります。
 
英語で自分の意見を論理立てて明確に述べるようになるまでにはかなりの時間がかかります。 単に英会話教室で外人と会話が上手に話せるのとは大きく異なります。  センター試験に替わる共通試験の英語問題はどういう問題なのか?国立大学・私立大学独自の試験がどのように変化して行くのか? どの英語外部委託試験が採択されるか等 不明確な点が多々ありますが、上記の様な一つの流れが他の試験内容にも大きな影響を与える可能性が大きいと考えてよいでしょう。 更に、上記実力養成には時間がかかるということを現小学校5年生以下のご父母様には特にお分かりいただきたいと強く思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック